アラサーでジャニーズにはまった独身女子

まさか自分がはまってしまうとは、人生ハッピー

10代、20代、30代と経たジャニーズ歴。

私が10代のころのジャニーズの存在

こんにちは。あおいです。

私がアラサーになってからジャニーズにハマったことはキンプリちゃんの影響が強かったのですが、実は10代の頃もKinkikidsさんに夢中になった時期がありました。

そして20代では関ジャニ∞さんに夢中になった時期もありました・・・。

時を経て、30代でキンプリちゃんの沼につかるという。

結局どの時代でもジャニーズに魅了されてきたのですね。

 

10代の頃のジャニーズ

私がKinkikidsさんを知ったのは、「硝子の少年」からです。

Mステかなんかで歌った時はまだ多分「あ~かっこいい兄弟やな」と思って見ていたと思います。

当時は小学生でしたので「堂本」という苗字が珍しく、そんな珍しい苗字の方が二人も存在するわけないと思い込んでいたので、勝手に兄弟として認識していました(笑)

そしてドラマ「ぼくらの勇気 未満都市」で完全に二人にハマってしまいましたね。

学校では「光一派」「剛派」なんて言って盛り上がることもありました。

幼いながらに失礼極まりないですね(笑)

でも常に学校で話題になるくらいお二人の活躍ぶりはすごかったと思います。

ちなみに私は剛くんが大好きでした、お恥ずかしながらファンレターを書いたことがあります。今でももちろん大好きです。

10代の頃って今のようにSNSが普及していなかったので、アーティストの情報をいち早く知ることは出来ませんでした。TVやラジオ、雑誌を通して出演情報を得たりしていましたね。

いい意味で沢山の情報が錯綜したり、誤報が流れたりしてしまうことが少なかった気がします。

純粋にアイドルを応援していた、ホントそんな時代でしたね(しみじみ)。

 

20代で関ジャニ∞にハマる、元気の源に

20代に入ると関ジャニ∞に興味を持った私。きっかけは錦戸亮くん。

東山さんを中心とするユニット「Secret Agent」としてTVに出ていたことを覚えています。

その時もMステでしたね。私のハマるキッカケはほとんどMステから(笑)

調べてみると「Secret  Agent Man」がリリースされたのは2000年2月23日でした。

今から19年以上前なのですね。

当時は錦戸亮くんは天使のような風貌、その割に力強い歌声でした。

今でもYoutubeを探せば当時映像は残っていますかね。

そこから錦戸亮くんにハマった・・というワケではなく、時を経て大人になった錦戸亮くんを見てハマりました。

ハマったきっかけは

「1リットルの涙」です。

私、昔からあまりドラマを見ないんですね、見てもシリアス系とか内容が重いもの、恋愛系は苦手なんです(笑)。

(個人的今でもナンバーワンドラマは「木更津キャッツアイ」です)

でも「1リットルの涙」はほぼ毎回見ていました。沢尻エリカさんと錦戸亮くんが共演している絵面が強かった~。

そしてドラマの内容と二人の演技に涙していました。

演技の上手い下手は正直よく分からないし、好みの問題でもあるのかなと思うのですが、錦戸亮くんの演技、好きです。

そこから彼が関ジャニ∞で活動していることも知り、関ジャニ∞の他のメンバーのことを知るようになりました。

ただ、8時だJは毎回見ていたのでメンバーでよく知らないのは大倉くんだけ。

知れば知るほど関ジャニ∞は本当にいいグループでした。

バンド活動をする彼らとバラエティー番組に出る彼ら、どんな彼らの姿にも元気をもらっていました!

20代で社会人として働きだして、社会の厳しさや思い通りにいかない現実を目の当たりにしたりして、そんな時に彼らの曲を聴いたりしていました。

どんな曲を聴いても「後押し」をしてくれるような素敵な曲ばかり。

新社会人の頃はとってもとっても励まされていました!

そして30代はキンプリちゃんへ

Kinkikids、関ジャニ∞ときて・・・King&Prince。

いきなり若返り~!!

自分でもびっくりしています。

これが沼にハマるということなんですかね。

キンプリちゃんは「シンデレラガール」から入り、それぞれのメンバーのことを知り、今に至るので、まだまだ知らないことが沢山あります

なのでこれから楽しみなのです。

Kinkikidsの時はまさに憧れを抱いて夢をみて

関ジャニ∞の時は元気をもらい共に歩んで

King&Prince、まさに今は成長を楽しみたいそして頑張りる姿に尊敬

 

もうキンプリちゃんを見ていると、10代20代の彼らがこんなにも夢に向かって頑張り、努力し続けているという事実に、尊敬の気持ちが湧いてきます。

自分が過ごした10代、20代を振り返りながら、「自分も若い頃はこうだったのかな」と懐かしみながら見ていることもあります。

良いことも悪いことも、社会のグレーな部分も知ったからこそ、真っすぐな彼らの姿を応援したくなるんだと思います。

つまり、

完全に保護者。

30代にもなったらジャニーズを保護者のような目線で見ています。

他の30代のジャニオタさんたちはどんな歴史を辿ってきたのだろう?

是非色んな方の歴史を教えてほしいです!